05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
北東北旅行2
 十二湖のレストハウスで一泊。

満点の星空を期待しながら夜11時頃外へ。

しかし・・・・

晴天だったのですが、満月の夜でした。
月明かりでほとんどの星の瞬きは見えません。

その夜はぐっすりと休みました。

翌日、青池に向いました。

青池

午前中の暖かな光に映える青池。

青池2
池の中には魚が泳いでいました。

青池3

神秘的な青池です。

世界遺産の白神山地を散策し、清流の滝に着きました。
沸壷

とても綺麗な流れ

抹茶もろこし

すぐ隣の茶屋で抹茶をいただきました。

GORO | 旅行 | 21:29 | comments(0) | - | pookmark |
遅くなった夏休み〜北東北旅行〜1
JUGEMテーマ:旅行

8月はまともに夏休みが取れなかったので、大人の休日倶楽部パスが発売される9月上旬に遅い夏休みを取り、1泊2日で北東北に夫婦で出かけました。


家の最寄り駅を始発電車で東京駅へ向いました。



東京発東北新幹線はやて11号で一路新青森に向いました。



約3時間30分で新青森に到着です。速いですね。

そのあとは津軽線のリゾートあすなろ津軽1号に乗り込みました。









青森駅まではリゾートあすなろ下北1号と連結で4両編成。

青森駅で切り離しそれぞれの線に向います。



右がリゾートあすなろ津軽1号蟹田行き
左がリゾートあすなろ下北1号大湊行き


さようならですね。



真っ直ぐな陸奥湾に沿って目指すは蟹田駅です。

この快速は車内イベントで津軽三味線のライブを楽しむことができます。


津軽湾をバックに津軽三味線ライブ 

  
   ↑クリック

三味線を楽しんだ後は終着の蟹田駅。

太宰治が「蟹田は風の町」と詠んだとおり、駅を出ると風が出迎えてくれました。





蟹田駅には有名な蟹の駅長さんがいました。







蟹田駅から歩いて数分で海岸沿いに出ます。
津軽湾からは下北半島がよく見えました。

帰りの快速からは陸奥湾の車窓が素晴らしかったです。


上り線車窓より陸奥湾を望む

   ↑クリック

青森駅に戻りますが、津軽三味線のライブがあります。


津軽三味線ライブ

  ↑クリック

このあとは青森駅より世界遺産白神山地に向けて五能線の旅に出発です。
続きを読む >>
GORO | 旅行 | 22:08 | comments(2) | - | pookmark |
JR東日本130円の旅
 8月5日 日曜日

天気の良さに誘われて、JR東日本130円の旅に二人で出かけました。

最寄り駅の南武線 武蔵新城で130円切符を買ったのが9時30分

ここから下り立川方面の電車に乗りました。

途中の府中本町で武蔵野線に乗り換え、新松戸まで約1時間。

新松戸から常磐各駅線で我孫子へ。

我孫子駅でちょうど昼時になりましたので、駅の立ち食い蕎麦屋でお蕎麦をいただきました。




平日は混んでいそうですが日曜日のお昼前ということもあり、空いていました。

注文したのは「唐揚げそば」



この唐揚げは大きいですよ。

このボリュームで340円。

安いよね〜〜〜

唐揚げ2個入りもあったけど食べきれそうにないです(笑)

ちなみに妻はうどんを頼みました。

さて、腹も満足したところで成田線で成田に向います。

成田からは総武・横須賀線で武蔵小杉を目指しました。

さすがに座りつかれたので、自由席グリーン車でビールを飲みながら♪

最後は武蔵新城の一つ手前の武蔵中原で下車。

ところが、自動改札は通れませんでした。

たぶん長時間かかっていたので時間オーバーだったのでしょう。

改札で大回りの説明をしてすんなりと駅を出ました。

6時間以上かかりましたが、電車内は冷房が効いているし、昼代込みで1000円ちょっと。

良い時間つぶしでした。
GORO | 旅行 | 22:50 | comments(3) | - | pookmark |
名古屋のお土産
中部遠征の最後、名古屋駅でなにやら妻が買ったお土産。

DCIM0019.JPG

えびふりゃ カスタード

お菓子でした。

ふわふわの皮の中にカスタードクリームが入ってました。

見た目はえびふりゃーです(笑)




そして・・・・
















































DCIM0020.JPG


チョコレートもあるでよ!
GORO | 旅行 | 21:54 | comments(0) | - | pookmark |
山形花回廊日帰り旅行
 7月14日

妻と二人で「やまがた花回廊」の旅に出た。

東京〜山形〜山寺〜寒河江〜新庄

始発の電車で東京に向う。

東京からは「つばさ」で一路山形へ。

山形駅

山形駅は花笠まつりの装飾。

ここから南東北フリーエリア切符を購入して山寺・寒河江・新庄に向った。

まずは仙山線

仙山線

山寺までは15分そこそこ。

この日は曇りがちで雨も降ったりと良くない天気。

山寺

五大堂より

五大堂からの景色もぼんやりしたものだったが、何故かここの空気は違う。

山形駅に戻り、山形そばを食べる。

向ったのは「庄司屋」

庄司屋天板

板天を注文。

山形のそばは美味しい。

山形駅から今度は左沢線で寒河江へ

左沢線

2両編成のワンマンカー。

車内は学生で結構混んでいた。

また山形まで引き返し、今度は新庄へ。

帰りの新幹線では「やまがた花回廊弁当」をいただく。

やまがた花回廊弁当

山形の食材を使った弁当らしい。美味しかった。





GORO | 旅行 | 22:16 | comments(0) | - | pookmark |
今年も東北旅行 鳴子温泉編
鳴子温泉駅から山道を登ること約30分

潟沼に到着しました。



潟沼は生物が棲める極限の濃度の酸性湖だそうです。
沼の脇からは温泉のけむりがあがっていました。

景色を楽しんだら、もと来た道を戻りました。


山道ですね。
観光バスは通れません。

駅まで戻り、また少し歩いた工房で今度はこけしの絵付け体験をしました。



こちらのこけしに顔と模様を描いていくのですがこれが難しい。
絵心が無いので無理!


で、こんな出来になっちゃいました(笑)


JUGEMテーマ:旅行


 
GORO | 旅行 | 18:20 | comments(2) | - | pookmark |
今年も東北へ その1
一昨年から東北旅行に毎年行っていますが、今年も妻と東北旅行に出かけました。

今年は6月に大人の休日倶楽部パスが発売されており、それを利用することにしました。

ちょうど陸羽東線のリゾートみのりキャンペーンが実施されていたので、宮城〜山形の1泊旅行と決めました。

朝7時52分発の東北新幹線はやてで一路古川駅に向いました。

古川駅

古川駅で陸羽東線リゾートみのりに乗り換えます。

リゾートみのり
写真は鳴子温泉駅で撮影したものですが、これがリゾートみのりです。

前方の金色の線は伊達政宗の兜と稲穂をイメージしているそうです。

リゾートみのり

これに乗り込み、鳴子温泉まで45分の旅路です。

リゾートみのり
車内は広々として、乗り心地は満点です。

リゾートみのり

シートもゆったりとくつろげました。

お出迎え

鳴子温泉駅に着いたのが午前11時。ここで25分ほど停車時間があります。
駅ではキャラクターの「ラッキー?」(名札に書いてあります)がお出迎え。

我々は鳴子温泉で一泊します。

鳴子温泉駅
駅舎です。


鳴子温泉駅前

駅前のロータリーから、商店街に向う道路にはこけしが立っております。

さて、チェックインまで早いので少しウォーキングとしますか・・・


JUGEMテーマ:旅行


 
GORO | 旅行 | 22:09 | comments(0) | - | pookmark |
足利の藤とB級グルメ
JUGEMテーマ:旅行

GW中の5月4日

 あしかがフラワーパークとB級グルメを堪能してきました。

はじめは5月3日を予定していましたが、天気が悪いとの予想で2日前に5月4日に変更。
これが功を奏して当日は雨も上がり、絶好の観光日和となりました。

上野から快速「足利藤まつり1号」を利用してフラワーパーク最寄の富田駅へ。

運賃も休日おでかけパスを利用して、2600円。これで足利まで行けるので往復を考えると私の最寄り駅から50%OFFです。安いな〜

フラワーパークはちょうど藤の花が見ごろの季節。しかも雨上がりでとても綺麗に見えました。




紫のなんともいえないグラデーション。
つつじも見ごろで色のコントラストがとても良かったです。



藤をみたら、藤ソフトも食べたくなりつい購入。



このあとは足利市内へ

足利学校と鑁阿寺(ばんなじ)へ




昼食は鑁阿寺前の「はとや」さんでポテト入り焼きそば
足利のB級グルメです。



満足満腹。

いい休日でした。


GORO | 旅行 | 17:35 | comments(2) | - | pookmark |
南東北旅行〜その14〜
JUGEMテーマ:旅行

美味しいお寿司を食べた後はこの旅行最後の観光地、松島に向かいます。

それまでスムーズに走っていたのですが松島のトンネル前から渋滞が発生!
夏休みの土曜日でもあってかなりの観光客が来ているんですね。
まあ、日本三景ですから…

ちょうど五大堂を過ぎたあたりの一般駐車場500円也にスムーズに止められました。
ラッキー(^v^)

観光船乗り場に向かうと「1時出航の船に間に合うよ〜」とのことで早速乗り込みました。

1時出航の船は午後一番ということもあるのでしょうか、空いていました。

松島は一つの島「松島」ではありません。

いろいろな島がたくさんあって「松島」です。

芭蕉の句と言われる

松島や ああ松島や 松島や

実は芭蕉の句ではないそうです。


遊覧船乗り場


夫婦島




鐘島




仁王島

船の中ではカモメの餌付け用の海老せんが売られていましたが買わないでどこかのお嬢様の手をお借りして撮影です。




意外と鋭いカモメの眼

途中で外海に出たら結構揺れました。

50分の島めぐりを堪能してから、松島の観光メインとした円通院へ向かいました。

円通院では自分で石を選んでお数珠を作ることができます。
石はプラスチックから天然石までコースで選べました。

私たちは天然石(大)の4,000円コースを選び、係りの方の説明を受けて作業を開始しました。



選ぶとなるとかなり悩みます。

まして数珠の配置に苦労しました。



欲張りのせいか、たくさんの石を選んじゃいました(笑)



皆さん真剣ですね。

最後に清算するときに石の意味を教えてくれます。
私がメインに使った虎目石は「財運、金運を招きます」ということでした。(^v^)

作ったばかりの数珠は紐の接着が乾くまで2時間くらいははめないで下さいと言われましたので家まで持って帰りましょう。

円通院を出た後はお決まりの

瑞巌寺

参道です。

本堂は改修中で参詣は出来ませんでした。


五大堂

赤い橋を渡って行きます。

これで松島観光は終了。
私たちは仙台へ向かい、帰途につきます。

夕食は仙台で牛たんを食べようと思っていましたが、結構込んでいたので駅で牛たん弁当を買いました。

以前出張で仙台に行ったときにはJRの駅弁を買ったのですが、この牛たんはペラペラでダメだったのでいろいろ探したら…ありました!

厚切りの牛たん弁当です。





2階コンコースにあった「たんや 善治郎」
もちろん温めてくれます。

そしてサイドメニューで買った「牛メンチ」



こちらも美味しかったです。

これであっという間に3日間が終わってしまいました。

また、二人で旅行に行きたいね。

おしまい。
GORO | 旅行 | 20:38 | comments(0) | - | pookmark |
南東北旅行〜その13〜
JUGEMテーマ:旅行

お釜で気分も良くなり、お昼の寿司を求めて塩竃へ向かいます。

蔵王エコーラインを下り、高速を乗り継ぎ塩竃に到着です。

途中にはこれもパワースポットである塩竃神社がありましたが車の中からちょっと見ただけでした。
御利益は無いでしょうね〜

道を少し迷いましたが無事に目的のお寿司屋さんに到着しました。

塩竃のお寿司屋さんは「すし徳」さん

こちらではHPでインターネット限定寿司があったのです。

それは「徳にぎり」

インターネット限定だけあって、お店のお品書きには載っていませんでした。

そのお寿司

これ!





大トロ!中トロ!

これで2500円です!

ネタが厚切りで大きい!
横から写真を撮れば良かったかな〜〜

特に中トロ、大トロは口の中でとろりと溶けて、それがシャリと混ざって幸せなほどの美味しさでした。

土曜日の11時45分頃に入店しましたが、まだそれほど混んでは無くて、座敷席について注文したころには結構地元の方から予約などの電話がかかっていました。

お店の雰囲気も親方も店員さんも明るく気持ちよい接客でした。
駐車場は店の隣ではなく、通りを挟んだ向かい側にあるのですが大きな専用駐車場と書いてある看板があるので注意しているとすぐにわかります。

塩竃へ行かれる方にはお勧めのお寿司屋さんです。

おなかが幸せになったので松島へと向かいます。
GORO | 旅行 | 21:36 | comments(0) | - | pookmark |
1/4PAGES | >> |